川村クリニック

内科,消化器科,呼吸器科,循環器科

〒240-0026 神奈川県横浜市保土ヶ谷区権太坂1-52-14
TEL 045-742-1010

お知らせ
 


胸焼けがしますか?

胃が悪かったりしてかかりつけのお医者さんに掛かったときに、「胸焼け」 がありますか?と言われて、「ああ!」と思った方は多いと思います。
しかしいざ自分に「胸焼け」という症状があるか、考えた時に、「はて胸焼けってどんな症状だろう」と思った方は、多いのではないでしょうか?医師の側からは一つの症状を想定して質問していたとしても、患者さんから見るといろいろな感じ方、いろいろな表現のしかたがあります。
胸焼けの場合、「胸の奥が痛い」、「食後気分が悪い」、「胸が熱い」、「ムカムカする」、「のどの奥がチリチリした感じ」、「胸の辺りがもやもやする」、「喉の奥のつかえ感がとれない」、「酸っぱいモノが上がってくる」などと表現される症状の場合が類似の症状と考えて良いでしょう。  

それでは胸焼けとはどうして起こる症状でしょうか?これは胃酸の食道への逆流によって起こる症状なのです。胸焼けというと胃が悪いと考えがちですが、ちょっとだけ違います。ちょうど胃と食道の境目の所で起こる症状なのです。
食道への胃酸の過剰な逆流により食道に、炎症、びらんや潰瘍が出来るものを逆流性食道炎と言い、その代表的な症状が「胸焼け」です。  
思い当たる症状がありましたら、すぐに内視鏡検査(胃カメラ)を受けて下さい。バリウムを飲むX線検査だけではこの部分はなかなか十分な検査が出来ないのです。
内視鏡検査は苦しいと思われるかも知れませんが、最近は直径5mmと細いスコープがあり、私の診療所でも使用しておりますが、鎮静剤を使用しないでも楽に検査が受けられます。 しかし内視鏡検査をしてみると、症状が強いのに内視鏡的には変化がわずか、またはほとんど無い場合があったり、反対に内視鏡的には、非常に強い変化があるのに、症状がほとんど無い患者さんも居るのです。
そこで総合的に胃食道逆流症という病名を用いる様になってきました。 症状は、診断に非常に重要です。そこでこの病気の診断の為の質問票があります。QUEST(クエスト)と言って、これにより症状をチェックし客観的にそれをポイント数で表すようにしてあります。これでほとんどの逆流性食道炎が診断できると言っても良いでしょう。これを内視鏡検査の前にしておく事をお勧めします。
治療は、プロトンポンプ阻害薬という胃酸を強力に抑える薬が著効があります。食事は、胃に留まる時間が長く胃酸が多く出る事がある、肉、イカ、タコ繊維の多い野菜。胃を刺激して胃酸が多く出やすい甘い物、コーヒー、アルコール、香辛料などに気を付けて下さい。